3月のワンデーセミナー

春夏メイクレッスン

IMG_2950

暖かな日もあれば驚くほど寒い日もある3月。
あいにくの寒さに見舞われましたが、心にうららかな春を描いてメイクを楽しみました。

秋冬メイクは顔の立体感を出すために中心寄りにメイクポイントを置きますが、春夏はやや外側にポイント移動し、若々しさや明るさを表現すると良いでしょう

今回のレッスンは私があまり手を貸さずに、説明だけで片方の目元を各自仕上げて頂きました。

眉を描くのが難しいという意見が多く、何度もトライしているうちに濃くなってしまったり、
キレイな眉の、ラインにならなかったりしましたが、これは繰り返しで学んでいく他はありません。

でも前回に比べかなりの上達ぶり!
足りない所はまた次回学んで行きましょう。

4月は「アロマの恵み」に戻って、別の角度から人体を捉えてみます。少しずつ深くなって行く学びを通して、健康の本質に迫っていきましょう。開催はいつもと同じ、第2火曜&土曜です。その頃にはコロナウィルスが落ち着いていると良いですね。

IMG_2953 IMG_2955
IMG_2959 IMG_2960

 

アロマのウィルス対策について

アロマのウィルス対策について

連日コロナウィルスについて報道され、不安がつのりますが、マスクや手洗いを励行しつつ、アロマのウィルス対策を加えてみてください。

有効な精油は
ラヴェンツァラ、
ユーカリラディアータ、
ティートリーなどです。

少し香りが硬いので、レモンユーカリを加え、殺菌力の強いタイムを少し加えると良くなります。

100mlのきれいな水に、以下の精油を加え、スプレイ容器で室内やマスクの外側にスプレーします。アルコールを少し加えても良いでしょう。
ラヴェンツァラ   10滴
ティートリー                5滴
ユーカリラディアータ 3滴
レモンユーカリ             3滴
タイム                             2滴

アロマは中世のヨーロッパで大きな疫病が蔓延した時、日常時に使われていたハーブやアロマで対策を講じ、その有効性から世界中で知られるようになりました。

ウィルスをはじめ様々な菌は、人間が絶滅を図ろうとすると、耐性をつけて、より強い菌になろうとします。今回のコロナウィルスに限らず新しい形のウィルスはこれからも出てくるでしう。

対策としては、私たち個々の自己免疫を高める事しかないのですが、植物(アロマ)での自然な対応は、身体の免疫を高めながら耐性菌を作らない事もウィルスへの善処であると思います。

1月オープンセミナー

「アロマの恵み」第3章
ウェルネスアロマケア

アロマの恵み

12月はクッキングだったので、11月の続きです。日常の中の姿勢をチェックし、健康に過ごすためにはまず姿勢が大切であることを確認。

今月は前回の復習をしつつ、テキストに掲載されていない部分も含めて人体の上半身・・背骨、肋骨、胸骨を柔らかく保つセルフケアを重点的にレッスンしました。 続きを読む