9月オープンセミナー 「アロマの恵み」

アロマと呼ばれているものには少なくとも3種類あります。
まず、身体に悪い影響を与える洗剤やリンスの匂い。2つ目は、香りだけで有効性の無いもの。私たちがアロマと呼ぶものは、豊かな香りと有効性を兼ね備えた精油(100%エッセンシャルオイル)のことです。
以下はその精油を使った効果で、様々な効能が確認されています。

第1章  精油(エッセッンシャルオイル)について
短歌で覚える、精油の使い方

1、皮膚トラブルへの対応

⭐️やけどには  小皿に一滴ラベンダー
乾いてはつけ  乾いてはつけ
⭐️ニキビには ティートリーとラベンダー
水に薄めて   スプレーしよう
⭐️湿疹や  かゆみの皮膚にカモミール
クリームタイプ 持って安心
⭐️しもやけや あかぎれ痛い 冬の日は
あまい香りの ベンゾインです
⭐️切り傷で  止血したい その時は
パチュリで引き締め 傷口閉じる
⭐️虫刺され 即座につけるペパーミント
かゆみ抑えて 赤み腫れ引き
⭐️運動会  すり傷だらけ コパイバだ
ヒリヒリ消えて傷跡もなく
⭐️青アザは ペパーミントとゼラニウム
乳腺炎も 試してね
⭐️水虫に続けて使う ティートリー
免疫あげて カビと戦う
⭐️鼻血には ティッシュに一滴  サイプレス
きれいに包み 鼻腔に入れる
IMG_2759

2、プライマリーケア

⭐️膀胱炎?  手前で有効 ティートリー
座浴で快適   再発予防
⭐️頭痛もち  ペパーミントがさわやかに
人のつながり 軽やか思考
⭐️花粉症  マスクに一滴 ユーカリ油
部屋にスプレー 吸入も
⭐️肩こりは ローズマリーとペパーミント
深いコリまで やわらかに
⭐️風邪予防 喉にも鼻にも うがいして
瀬戸際ケアに  ティートリー
⭐️喉がれにサンダルウッド しっとりと
香りかぐだけ ビン口つけず
⭐️歯肉炎 これもアロマで試します
スペアミントとミルラの力
⭐️認知症  みんなの不安  やわらげて
香りの世界  脳まで届き
IMG_2762

3、日々を快適に

⭐️手洗いは 帰宅一番  ユーカリで
家の香りに 心ゆるんで
⭐️片づけが嫌にならない  そのわけは
イランイランの香る豊かさ
IMG_2765

これらの短歌を解説しながら、情報を加えたり、広げたりしながら学びました。

8月ワンデイセミナー 「メイクアップレッスン」

秋メイクのレッスンに土曜日3名、火曜日5名の計8名が参加され、いつもの自分と違う新しい個性の発見をされました。ある人はファンデーションの使い方に新しい自分を見つけたり、ある人はアイメイクで変身したり、ルージュや口紅で上品さを増したりなど。最後は自撮りしてきれいになった自分を納めていました。
ほんとに、ホントに皆さんきれいでしたよ!

メイクは自分の気持ちを引き上げてくれる頼もしいアイテムですが、なかなか自分に合う使い方を教えてくれる人と巡り合わないのが実情です。一対一と異なり、複数人での学びは、
様々な個性と比べながら自分の特徴を確かめられる点で学びが多く、納得や満足感にもつながるようです、、

今回の秋メイクをテーマに、大人のエレガンスを表現するポイントをまとめてみましょう。
⭐️つややかで表情のある仕上がりをつくる   為、メイク前の3分ケアが大切
⭐️ベースは特に必要な箇所にだけしっかりつけ、他は残りを軽く、全体に軽いイメージに仕上げる
⭐️眉は元の形を生かしながら、頭髪の色との兼ね合いを考えて色を選びます
⭐️アイシャドウは一部分だけにつけるより、アイホールの形に生かして色を重ねた方が美しく自然に仕上がる
⭐️口紅は、アイメイクにポイントがある場合はカラーを抑え気味、逆にアイメイクを抑えた場合はハッキリしたカラーを選びバランスをとりましょう。
⭐️最後のルージュは頰骨の高さ、幅など前面と側面から見、全体がひきしまるように、あるいは柔らかくなるように大切に仕上げます。

 IMG_2742  IMG_2747
 <持ち寄りの化粧品>
◉ベースカラー
クリームタイプ、リキッド、スティックなど様々。カバー力を特徴としたものはマットタイプが多く、透明感を特徴としたものは潤いのある仕上がりになることが多いです。首筋などの肌色より、やや明るめに仕上げると秋らしくなります。
 IMG_2744  IMG_2748
◉アイカラー
様々な色が集まりました。左は土曜クラス、右は火曜クラスの色。眉はこれで、シャドウのアイホールはこれ、目の際はこの色、眉尻はコチラなどと指示しながら、片方は各自で仕上げて
レッスンを重ねます。
 IMG_2745  IMG_2749
◉リップカラー
アイメイクとの兼ね合いを見てリップカラーを選びます。口紅ではなくグロスで仕上げた人、リップラインをしっかりとって中を淡く仕上げた人など様々。
 IMG_2750
◉チークカラー
仕上げのチークは頰骨をよく見てその形を美しく見せるように上品な明るさに仕上げます。
人によってはチーク下にダークカラーを重ねて骨格を強調しても大人らしい表現になります。
 IMG_2751  IMG_2746
◉化粧品全景 ◉仕上げのチークを入れている所

8月24,27日「メイクアップレッスン」予告

ONE DAY セミナーは年2回開催の5時間セミナーです。「メイクアップレッスン」は8月と3月に、「ハーブクッキング」は12月と6月の開催。(最大5時間で途中退場OK)

8月の「メイクアップレッスン」内容
1.メイク前の3分ケア
明るい表情を作るフィンガーストレッチ
2.秋に向けた肌色の作り方
明るい色とダークな色の効果の違い
3、シャドウの使い方
4、眉の形と個性表現
5.口紅の選び方と全体のチェック
6、ヘアスタイル、襟の形、カラーバランス
など、時間の範囲で進行します。

「メイクアップレッスン」に参加ご希望の方は
参加ボタンを押して参加日、氏名をお知らせ下さい。スタートは両日とも10時AM.
軽いランチを持参下さい。片手で食べれる方が良いと思います。

ワンデイセミナー参加フォーム

サイトアドレス変更のお知らせ

皆様に親しんでいただいております当サイトですが、
この度2019年8月1日よりサイトアドレスを変更することとなりました。

新アドレスは、
https://k-aroma.com
です。

引き続き、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

7月ハーブクッキング&オープンセミナー

調理法別ハーブクッキング
7月<ファイナルメニュー>

2016年9月からの「ハーブクッキング」
2018年からの「調理法別ハーブクッキング」
3年間のしめ括りとして、今月は皆さんのリクエストメニューです。

7月のハーブクッキングメニュー
1.アボカドと豆腐のわさび和え
2.サーモンとディルのマリネ
3.ポテトサラダ
4.ミートローフ
5.グリーンサラダ
6.ちりめんディルのチーズトースト
7.チーズヨーグルトケーキ
8.ダイエットアイスティ

 IMG_2685  アボカドと豆腐のわさび和え
むき海老もわさび醤油をつけてのせています。
ディルが良い引き立て役に。
 IMG_2687  赤いビーツを加えたサラダはドレッシングにバルサミコ酢を加えてパンチのある夏サラダに仕上げました。
 IMG_2692  おなじみのポテトタワーはパーティに華やぎを添えます。ハムのみじん切り、いり卵、刻みパセリをまぜ、仕上げにレッドやブラックのペッパーで飾ります。
 IMG_2688  ミートローフもパーティに欠かせないメニューで、うずら卵とたっぷりのトマトソースがポイント。タイム塩、たっぷりの5種ハーブ、ナツメグ、コリアンダー、オールスパイス、パセリ、おろし生姜で夏料理に。
 IMG_2694 ちりめんディルとチーズのトーストは、マヨネーズとマスタードを塗った上にわちりめんディル、チーズをのせつ焼いたもの。お好みでトマトソースをかけても。
 IMG_2691 チーズとヨーグルトのケーキ
以前は柚子ジャムを加えたのですが、今回はブランデーに漬け込んだレーズンを混ぜ、ゼラチンで固めました。飾りにレモンの蜂蜜漬け、ブルーベリー、ルバーブのジャムを加えて
 IMG_2702  ダイエットアイスティはローズマリー、ペパーのミント、フェンネル。ミントの葉を飾って
 IMG_2696  勢揃いのファイナルメニュー。なぜか冬場のメニューばかりが選ばれました。他にも里芋にセージを混ぜたサラダ風や揚げ物のリクエストも上がっていましたが、材料との兼ね合いで以上のメニューになりました。

懐かしいメニューに舌鼓をうちながら、話題も懐かしい内容に終始しました。
3年間、まるでハーブ料理専門の様にこのブログをかざってきましたが、来月は「メイクアップレッスン」、9月からは自署「アロマの恵み」を紐解きながら「アロマテラピーレッスン」になり、本業のアロマがブログの表紙を飾ります。

IMG_2698

7月オープンセミナー
<個性の花束>

私たちが生まれた時に与えられたプレゼント。
preあらかじめ、sent贈られた、物心つく前から私たち一人ひとりに贈られていた個性の花束を見つけてみようというこの企画。

たったひとつの名前、生まれた日、etc.
どんな気持ちで親は名前をつけ、育ててきたのか、自分がどんな問題にぶつかり、どう感じてきたのか、何が大切だと思ってきたのか、など。

大切な自分としっかり向き合って、今迄学んできたマヤ暦占い、カバラの数秘学、名前の由来
花言葉などをガイドに、じっくりと自分に向き合った3ヶ月。そのファイナルに一人ひとりの個性の花束が言葉になって1枚の額に収まりました。皆さんには既にお渡しして手元にないので、私のを公開致します。

このプロセスが、8月のメイクアップレッスンで、個性の表現となり、9月からのアロマテラピーで、自分の生き方、考え方と身体との繋がりとして発展します。

IMG_2711