カテゴリー別アーカイブ: アロマケア

冬を元気に過ごすアロマケア

風邪をはじめ冬に多いトラブル、喉の痛み、頭痛、肩こりなど、何とかならないものかしら?
と思っていらっしゃる方に、活用して頂きたい香りがあります。

市販されている香りは、香りそのものを楽しむ事が目的の物と、エッセンシャルオイルという名称で、100%の表記や原産国、容量などが明記されたものがあることは以前にもお知らせしましたが、香りの効能を求める場合は、必ず後者を選んで下さい。

<風邪のひき始め>

1. 鼻、喉のうがい

500mlペットボトルの水にティートリー2滴の割合で溶液をつくり、鼻と喉のうがいをします。鼻うがいは鼻腔の片方を指先でおさえて吸入し、直ぐに排出するとラクです。3回位繰り返します。

2. 熱がある時

暑めのお湯で足湯をします。
その時のエッセンシャルオイルはジュニパー
です。10分位温度を下げない様にたし湯をしながら行い、足を拭いて靴下で保温します。
終了後水分を十分とりましょう。

足湯は終了後に身体が温まり汗がでてきます。
下着を何度も取り替えるだけで風邪が回復することもあります。

3. 最後の大切なケア

ラベンダーとユーカリのオイルを胸に塗りましょう。出来れば痛くなる関節、膝や肘、腹部にも塗って下さい。
さらにペパーミントオイルを、熱の高い首の後ろや額に塗り、タオルなどで冷やしてあげましょう。

<喉が痛い時>

マグカップにお湯を入れ、ユーカリを一滴入れて吸入をします。マグカップの周りにタオルを巻いておくと肌触りも良く吸入効果を高めます。時間は10分程度。香りが感じられなくなったらユーカリをもう一滴加えます。

喉がれにはサンダルウッドを使いますが、香りが重たく数滴入れても余り香りません。
高価な香りなのでお湯で薄めず、マスクなどに直接つけて装着して下さい。

ユーカリやラベンダーをマスクにつけて装着するのも手軽で有効です。

<頭痛、肩こり>

頭痛にはラベンダーとペパーミントを使います。オイルに溶かしてマッサージするか、水で薄めて塗ると良いでしょう。
かつて私が頭痛に悩まされた時もこのオイルで毎日マッサージしていました。
大切な事は運動と連動すること。
身体の凝りは血行を良くすることで解決を早めます。デスクワークはコンをつめず、ストレッチを加えてみてください。

今回登場のエッセンシャルオイルは
ティートリー
ユーカリラジアータ
ジュニパー
ラベンダー
ペパーミント
でした。この5本揃っていれば、キット安心して元気な冬が過ごせると思います。

家庭でできる心地よい香りのケアは、私たちがこれから取り組むべき大切な予防法です。
それは病気の予防だけでなく、老化の予防、
ケガの予防、ボケの予防、ウィルスなど感染の予防など多岐にわたります。
ファッションとしての合成の香りでは決して望めないヘルスケアの担い手として、アロマテラピーはもっと大切にしたい暮らしのアイテムです。

k-method専科の合同練習会

k-method専科の合同練習会

背部のアロマトリートメント後、腰部の美容整体をしている所。このあと、後頭部のケアから足のケアに進みます。

ケイ・アロマテラピーハウスは2018年4月で20年を迎えます。藤沢駅から徒歩3分のテナントに南欧風のサロンを構えたオープン当初は、ゆったりした黄色のソファで足と手の部分トリートメントをすることからスターしました。

美容整体とアロマトリートメントを合わせた今のようなk-methodが出来上がったのはそれから2年後のこと。AEAJ認定スクールとしてインストラクターやセラピストを輩出しなから、別クラスとして独自カリキュラムを持ち、ホームケア、ホームケアアドハンス、そして専科にたどり着くコースでした。

現在もこれらのコースは継続し、専科を学んだ30名のうち、6名が今日の合同練習会に出席して技術の確認や新しい体験を和気あいあいの中で行いました。

k-methodが他のアロマトリートメントと異なる所は、第1に、その深さの違いにあります。
スタンダードなアロマは、精油成分を血液に届ければ良いので柔らかなタッチですが、k-methodではより深いコリや滞留にタッチし、少しずつほどいてゆきます。
第2は、自律神経系を緩めるという目的に沿ってトリートメントの手順が決められている事。身体が芯から緩んでいくプロセスを大切にしています。
第3に、端から端まで、見逃すことのない周到な手技。本人も気づかなかった変化を見つけ改善へ向けることができます。
第4は、施術後の身体の軽さが全く異なる事。そしてその効果が長く持続すること。
第5は、アロマトリートメントの効果である免疫を高めたり、睡眠の質を良くしたり、心が前向きになったりという効果に加えて、数々の美容整体を施すことから、身体のラインが美しくなる事は特質に値すると思います。

k-methodのアロマケアについて詳しくお伝えする事はありませんでしたが、生徒さんに伝えている様に、たまにはちゃんと伝えようとブログに上げました。

「元気に長生きしてもらうため」、86歳の兄に贈った、ふたつのアロマクリーム

170731

6月末から1ヶ月間、兄夫妻は、知り合いを訪ねてロスからハワイ、東京、名古屋、神戸、広島、長崎、松本、塩尻、再び東京。健康を懸念されつつ、全ての旅程をこなし、昨日、無事元気にローランドハイツに戻ったと電話がありました。

ロス郊外にある、このローランドハイツは、聖職者としての任務を終了した、世界中の牧師や神父さまが集まっている所。私も5年前に訪問しましたが、広々とした戸建の、個々に異なる平家の家屋がならぶ、居心地の良い住まいです。

お向かいは中国の元神父様、お隣はフランスの元神父様、そのお隣は確かドイツの方だったかも。大切な役目を終えられ、国際色豊かな里ですが、老いは万国共通、かつての職業も問いません。なので、年ごとに増す身体の
節々の痛みもあちこちにあり、広島で再会した時も痛みを訴えていました。

そんな兄に、帰国前渡したのが、写真の痛みを取り除くクリーム(ボディクリーム)と、かゆみに有効なクリーム(フェイスクリーム)でした。ボディクリームは排泄、デトックス効果を目的にカスターオイルを加えたもの。
フェイスクリームは皮膚や粘膜の傷に有効なカレンデュラオイルに酸化対策としてオリーブオイルを加えたものです。

これをベースにして、痛みを取るボディクリームには、ローズマリーとペパーミント。
フェイスクリームにはカモミールジャーマンを加えました。

痛みは元気な日常に影を指します。兄が、広島で湿布を貼ったのを見て、私は今は良いけど、長期に貼らないでね。貼ったとこは血流が少なくなるので、痛みが解決するわけではないから。鎮静作用って書いてあるのはそのことよ。と苦言を呈した事に対して、私なりの責任(笑)をとって、アロマ版痛み止めクリームを渡そうと思ったのでした。

もうひとつのクリームの効果は、痒み対応です。身体の中に疲労や代謝不良があって、その毒素を身体が外に出したいと思った時、皮下からチクチクした刺激を与え、掻く事で毒素の排泄を促します。円滑な生命維持のための身体の働きですが、引っ掻き傷の多い所はそうした所です。また、老化と共に「炎症」というメカニズムも増えてきます。紫外線に弱くなったり、傷の治りが遅くなったり。カモミールジャーマンは炎症を防ぐ効果で知られています。すごい色の精油ですが、オレンジ色のクリームとまざって、濃いグリーンになりました。

帰宅後、早速クリームをつけた兄は、ホントに今朝は痛みが無いのよ!と不思議そうに電話してきました。これから私も少しずつ年を重ねて行きます。身体の中で起きている事に思いを馳せ、それに応じたアロマ対策を続ける事で、「元気に長生き」して行こうと思います。