カテゴリー別アーカイブ: アロマケア

1月オープンセミナー

「アロマの恵み」第3章
ウェルネスアロマケア

アロマの恵み

12月はクッキングだったので、11月の続きです。日常の中の姿勢をチェックし、健康に過ごすためにはまず姿勢が大切であることを確認。

今月は前回の復習をしつつ、テキストに掲載されていない部分も含めて人体の上半身・・背骨、肋骨、胸骨を柔らかく保つセルフケアを重点的にレッスンしました。

冬場に硬くなる喉や首のディープケアも加え、
右脳で選んだ精油の香りをかぐと、スムーズに横隔膜まで香りが届きます。

肋骨や胸骨が柔らかいと呼吸が大きくなるだけでなく、姿勢がよくなり、腕があがりやすく、気持も安定してせっかちな性格も修正されます。長く息を吐けることは、「長生き」の語源で、元気のモトとも言えます。

気持ちよく身体のケアをしているうちに、写真を撮る暇もなく時間が過ぎ、またもや準備写真のみとなりました。
その他の精油の解説を加え、かつて私が受講したカリキュラム、「アロマテラピーと芸術療法」の話やチャクラの話、痩せるためのポイントなどなど、楽しい語らいに時間オーバー。

来月は今月の上半身に続き、脚と手のケアです。寒い時期ですが、暖かくなるケアで気持良い時間を過ごしましょう。
2月の第2火曜日は祭日なので、第1火曜日の4日になります。

冬を元気に過ごすアロマケア

風邪をはじめ冬に多いトラブル、喉の痛み、頭痛、肩こりなど、何とかならないものかしら?
と思っていらっしゃる方に、活用して頂きたい香りがあります。

市販されている香りは、香りそのものを楽しむ事が目的の物と、エッセンシャルオイルという名称で、100%の表記や原産国、容量などが明記されたものがあることは以前にもお知らせしましたが、香りの効能を求める場合は、必ず後者を選んで下さい。
続きを読む

k-method専科の合同練習会

k-method専科の合同練習会

背部のアロマトリートメント後、腰部の美容整体をしている所。このあと、後頭部のケアから足のケアに進みます。

ケイ・アロマテラピーハウスは2018年4月で20年を迎えます。藤沢駅から徒歩3分のテナントに南欧風のサロンを構えたオープン当初は、ゆったりした黄色のソファで足と手の部分トリートメントをすることからスターしました。

美容整体とアロマトリートメントを合わせた今のようなk-methodが出来上がったのはそれから2年後のこと。AEAJ認定スクールとしてインストラクターやセラピストを輩出しなから、別クラスとして独自カリキュラムを持ち、ホームケア、ホームケアアドハンス、そして専科にたどり着くコースでした。

現在もこれらのコースは継続し、専科を学んだ30名のうち、6名が今日の合同練習会に出席して技術の確認や新しい体験を和気あいあいの中で行いました。

k-methodが他のアロマトリートメントと異なる所は、第1に、その深さの違いにあります。
スタンダードなアロマは、精油成分を血液に届ければ良いので柔らかなタッチですが、k-methodではより深いコリや滞留にタッチし、少しずつほどいてゆきます。
第2は、自律神経系を緩めるという目的に沿ってトリートメントの手順が決められている事。身体が芯から緩んでいくプロセスを大切にしています。
第3に、端から端まで、見逃すことのない周到な手技。本人も気づかなかった変化を見つけ改善へ向けることができます。
第4は、施術後の身体の軽さが全く異なる事。そしてその効果が長く持続すること。
第5は、アロマトリートメントの効果である免疫を高めたり、睡眠の質を良くしたり、心が前向きになったりという効果に加えて、数々の美容整体を施すことから、身体のラインが美しくなる事は特質に値すると思います。

k-methodのアロマケアについて詳しくお伝えする事はありませんでしたが、生徒さんに伝えている様に、たまにはちゃんと伝えようとブログに上げました。